47年グループ

1947年にスタートしたドイツの戦後派新進作家の集まりである。ハンス・ヴェルナー・リヒター(de:Hans Werner Richter)がメンバーを集め、会合を主宰した。会合は1967年まで継続した。当時の新進作家の多くが参加し、戦後のドイツ語圏の文学活動を牽引した。

1946年に、アルフレート・アンデルシュ(de:Alfred Andersch)とハンス・ヴェルナー・リヒターが定期刊行物『Der Ruf(呼び声)』を刊行したのが始まりである。『Der Ruf』刊行の目的はヒトラー政権崩壊後のドイツに民主主義思想を教育・啓蒙することにあった。1947年7月、『Der Ruf』誌への寄稿者たちが集まり、新たな文学雑誌『Der Scorpion(スコーピオン)』の創刊を企画、またそのためメンバーが定期的に会合を開き、自身の原稿を朗読し、互いに批評し合うことを取り決めた。ヴェルナー・リヒターがこの取り決めに基づいて参加メンバーを集め、同年9月に第1回会合が行なわれた。この会合でゲオルク・ブレナーが1947年に因んで「47年グループ」と名付け、またハンス・ヴェルナー・リヒターはなんら特権をもたないながらも会合の主催者として位置づけられることになった。

その後の山一

自主廃業発表後、顧客保護を理由にあわただしく無担保の日銀特融が実施された。日銀特融はピーク時で1兆2千億円にのぼった。

12月13日、常務業務監理本部長の嘉本隆正が委員長となって、社内調査委員会が発足した。3月26日にレポート『社内調査報告書-いわゆる簿外債務を中心として-』は完成し、4月16日に一般に公表された。

翌1998年(平成10年)3月4日、行平と三木の元社長2人、ならびに元財務本部長の3人が、最大2,720億円の損失を隠して虚偽の有価証券報告書を作成したという証券取引法違反の容疑で東京地検に逮捕された。行平と三木にはさらに、粉飾決算の容疑がついていた。2000年(平成12年)3月に、行平と三木に有罪の判決が下された。初審で執行猶予が付いた行平は判決を受け入れたが、実刑判決だった三木は控訴し、控訴審では執行猶予となっている。

エディゲレロ

1993年、3代目タイガーマスク(金本浩二)のライバルとして2代目ブラックタイガーが登場正体はエディゲレロだ。

1996年には、獣神サンダー・ライガーを破りベスト・オブ・ザ・スーパージュニア初優勝。同年、ザ・スカイダイビング全試合Jrオールタイトルマッチでのメインで当時IWGPジュニア王者だったザ・グレート・サスケに挑戦。得意技はスイングDDTとBTボム。

初代ブラック・タイガーと違い、当初のライバルであった3代目タイガーマスクが短期間でマスクを脱いで素顔での活動を開始したため、タイガーマスクのライバルという位置づけよりも、ワイルド・ペガサスとともに強豪常連外国人選手として扱われ、エル・サムライや獣神サンダー・ライガーとともに当時の新日本プロレスジュニアヘビー級戦線のトップとして活躍。ブラック・タイガー、ディーン・マレンコ、ライガー、ペガサスの四人を新日本ジュニアヘビー級戦線の「四天王」「フォー・ホースメン」と呼ぶ声もあった。

さらには、タイガーマスクから素顔に戻った金本浩二や大谷晋二郎、高岩竜一の「トンガリ・コーンズ」やケンドー・カシン等の若手ジュニアヘビー級選手の壁となった。

エピソードとして、「ワールドプロレスリング」で対ライガー戦の実況中に、解説のマサ斎藤が「こういう試合はエディには、不向きですね。」とうっかり正体を喋ってしまったことがあった。

ロンヤス

レーガンと中曽根のお互いの呼び名について。

中曽根を「ヤス」と呼び、レーガンを「ロン」と愛称で呼ぶ仲となり、この呼び方は当時「ロン・ヤス」とあだ名されてお互い交流を結んだ。そうした背景から、レーガンは1983年11月9~12日、1986年5月4~、1989年5月2~7日と、現職のアメリカ大統領としては最多の三度にわたり日本を公式訪問している。

最初の訪日では昭和天皇や中曾根総理と会談したほか、キャンプ・デービッドへ招待された答礼として中曾根が、11月11日に東京都西多摩郡日の出町の別荘「日の出山荘」に招き、蔦子夫人手作りの昼食を共にしたことが大きな話題となった。2006年のレーガン国葬にも当時88歳の中曾根はたっての願いで参列して故人を惜しんでいる。

青酸コーラの

1977年(昭和52年)1月3日午後11時半ごろ、東京都港区で東海道新幹線の列車食堂のアルバイトに就いていた男子高校(当時16歳、京都市在住)が、アルバイト先から宿舎へ戻る途中、品川駅近くの品川スポーツランド(現在の品川プリンスホテル:1978年(昭和53年)開業)正面にある公衆電話に置かれていた、未開封のコカ・コーラを拾い宿舎に持ち帰った。

翌4日の午前1時過ぎに飲んだところ、男子高校生は異様な味を感じ、すぐに吐き出し水道水で口を漱ぐが、突然倒れてしまった。男子高校生は意識不明の重体となり、直ちに病院に運ばれ、胃洗浄などの救命処置が行われたが、まもなく死亡した。死因は青酸中毒だった。

そして、悲劇は第二、第三と続く。

その後、毒入りチョコレートに移っていく。 物騒な事件があったものだ。

猿も木から・・・ではなく

巨人・松井秀喜臨時コーチがなんとノックで空振りしたと言う。

ノックのコツは、体から遠くに上げて打つことらしいが、そのトスの上げ方に問題があるのだそうだ。

どんな強打者でも、それとは関係のない所で苦手、と言う事はあり得るだろう。

だから今回の事も猿も木から落ちる、という事例ではないのかもしれない。

 

スキルの短命化

かつては、スキルの寿命というものは200年位あった、と言われる。

初代が亡くなっても、その子供に引き継がれ、さらに孫の代までそのスキルで生活していくことができた。

職人に代表される様な、業の継承でいけた訳だ。

事業自体の寿命がどんどん短くなっているので、どうにもならないのだ。

凄い世界になったものだ。