グッドリッジ

PRIDEの番人と言われたゲーリーグッドリッジ。

アームレスリング世界一という怪力の持ち主で、完全に極まったアームロックを極められた腕の力のみで外してしまったこともある。左腕に刻まれた“剛力”のタトゥーの通りである。その太い腕から繰り出されるパンチと、常にアグレッシブに前へ出続けるファイトスタイルを有し、勝っても負けても派手なパフォーマンスを披露する。また、見た目とは裏腹な人の良さから、他の格闘家から尊敬されている。2008年12月15日、カナダオンタリオ州トロント郊外に自らのジム「Fighting University」をオープンさせた。

そんな彼が、認知症と診断されていたそうなのだ。

どんな選手とでも真っ向から闘い、受けたダメージの蓄積も相当なものだろう。