外食産業

外食産業がブラックの印象を依然として強く与えており、実際の離職率も高いと言う。

売上高の減少に対し、店舗数は増えている。

市場規模が小さくなっているところに多くの労働者が集まっている、という見方になる。

その為、給与も圧縮されやすい。

接客についても、過剰なサービスを従業員は求められがちだ。

薄給でしかも長時間働く、が当たり前の様に強いられてしまうと、厳しいだろう。