アメリカの景気は

アメリカの景気回復が遅れている、とよく耳にする。

GDP成長率や雇用数で言うと、堅調の様だ。

たがこれは数字上の事であり、失業率などの面からすると、非常に厳しい現状の様だ。

古い産業のスキルしか持たない労働者が、一度解雇されてしまうと再就職するのは日本と比較して、より至難の業らしい。

日本にとって影響力の強いアメリカ。

製造業はどうしてもアメリカ頼りにならざるを得ないのだから、これが単なる悲観論ではなく現実にアメリカ経済を直撃する様になると、大変危険だ。