吉田剛の引退後

引退後は2007年までラジオ大阪の野球解説者として活躍していた一方、大阪府八尾市で飲食店を経営。また実家が精肉店を営んでいたこともあり肉料理に造詣を持ち、大阪市中央区で「豚肉料理 吉田」のオーナーもしている。

1984年秋のドラフト2位で近鉄バファローズが指名。しかし明治大学に進学予定だったため事態は長期化。翌年、キャンプインしてから入団発表するという異例の事態に発展した。1988年から1995年にかけて大いに活躍したが、中村紀洋、水口栄二、武藤孝司ら若手の台頭で出場機会が激減し、主に代打、代走、守備固めで起用されることとなる。

2000年シーズン途中に、杉山賢人とのトレードで西川慎一とともに阪神に移籍。この年阪神では36試合に出場し活躍した。

中でも2000年7月19日の対巨人戦(阪神甲子園球場)では、延長10回裏に桑田から左中間を破るサヨナラ安打を放ち、16年前の夏の甲子園の決勝戦を再現してみせた。ヒーローインタビューで「三年のときに桑田から本塁打を打ったのはよく覚えています。打った球はカーブかな。桑田とは公式戦では甲子園以来。一塁には清原が守っているし、打席に入って久しぶりという感じがした」と語り、「阪神に入団してから早くここに立ちたかった」とコメントをした。野村克也監督は「吉田はベテランの味を見せてくれた」と褒めた。