DSのヒットが落とし穴?

日本製のゲーム市場のガラパゴス化が深刻化しているとの記事を読んだ。

世界のゲーム市場をリードしていた筈の日本。

DSのヒットにより、開発費が抑えられるDS向けに国内のソフト生産が集中した時期がある事を、記事は指摘している。

その間、欧米のメーカーは据え置き型ゲーム用の開発に磨きをかけていった結果、開発力において日本は後退してしまった。

これぞゲーム版のガラパゴス現象だ。

ただ、こういう時期だからこそ無理をせず、スペックよりもアイディアで勝負するという考え方もあるのではないか。

時代の移り変わりはあり、どこの業界も大変だ。