香川大、試験問題に「うどん」

国公立大の2次試験は25日、初日の日程を終えた。文部科学省によると、この日試験を実施したのは158大学537学部。1時限目の総受験者数は22万9216人で、欠席率は5.8%だったという。
ユニークな出題もみられたそうだ。観光キャンペーン「うどん県」が話題を集めた香川県の香川大は、生物の試験で「鼻腔をくすぐるダシの香りに誘われてうどん屋に入った…」で始まる短文を読ませたうえで、「ダシの『香り』を受容した細胞の名称を記せ」など、うどんを”完食”するまでの体の動きについて答えさせたという。
東京大、大阪大の国語では、「反知性主義」についての論考を読ませ、筆者の考えについて説明させたそうだ。山口大の国語では、テレビアニメやフィギュアなどで世界に広がった日本の「かわいい」文化を取り上げた。佐賀大の英語では、選挙権年齢の18歳以上への引き下げについての自分の意見を英語で書かせたとのこと。
うどんについての問題を出すとは香川らしい。問題を解いているうちにおなかが空いてきそうだ。