ゲーマー特集めぐり謝罪

12月16日にNHKで放送された「シブ5時」で、「e-Sports」の世界で活躍するプロゲーマーチームが特集された。e-Sportsは競技性の高いゲームを用いて行われる新しいスポーツの一種として注目されており、近年ではスポンサー契約を行いe-Sportsのプロとして活躍するプレイヤーも続々と登場しているという。今回、「シブ5時」で特集されたのは、チームとしては日本初の「フルタイム・給料制」を導入し千葉を拠点に活動するプロゲーミングチーム「DetonatioN FocusMe」(DFM)という団体だ。
ところが、特集の前半ではプロゲーミングチームの生活や活躍を取り上げた内容だったものの、後半は「ゲームの操作技術が軍事利用されるのでは」「ゲームの関連機器メーカーが若者を利用しているのでは」「プロになった人が将来を描けるのか」といった、ゲームやe-Sportsへの批判とも取れる内容となっており、ネットでは番組を非難する声が多数上がっていたそうだ。これを受け、DetonatioNのCEOを務める梅崎さんはNHKへ真意を確認し、謝罪を受けたことをツイッターで報告しているという。
このことに関してツイッターでは、NHKのみならず日本社会のゲームに対する理解の遅れを指摘する意見が多く見られた。
梅崎さんのツイッターによると、放送の翌日には改めて番組プロデューサーと面談し、誠意ある謝罪と改めて番組を制作したい旨の申し入れを受けたとのこと。梅崎さんは今回取材を受けた趣旨について「プロゲーマーの親御さん世代に理解を深めてもらうため」と語っており、次回の放送時には事前チェックを行うようだ。
やはりゲームをすることを仕事とするということに違和感を抱く人もいるのだろう。しかし、そのイメージを払拭するために取材を受け、理解してもらえるようにと番組制作に協力したにもかかわらず意に沿わない形で番組が放送されてしまったのは梅崎さんたち側からすれば裏切られた気分だろう。番組の意図も変わってしまってるようでは本末転倒だ。もう少し慎重に番組作りに取り組んでもらいたいものだ。

霊柩車、ネットオークションに出品

少なくとも20年程前には、霊柩車を見たら親指を隠さないと親の死に目に会えない、というジンクスがあった。…そうしなくなったのはいつからだったか、そもそも最後に霊柩車を見かけたのはいつだったか。
実は今現在、霊柩車はなくなりつつあるのだという。正確には、装飾をのせた「宮型」と呼ばれる霊柩車の需要が激減しているのだそうだ。最近は、葬儀費用削減などの理由から、落ち着いたバン型の「洋型」が主になり、宮型はピーク時の約3分の1まで落ち込んでいる。
京都府与謝野町では、町内の業者が所持する洋型の使用率が高く、宮型は月に1、2度しか使用されなかったため廃車を決定した。それに伴い、町の所持する宮型霊柩車をネットオークションに出品している。出品期間は12月2日までだそうだ。気になる方は、覗いてみてはいかがだろう。