ヤフーメール、不具合で258万通消失

インターネット大手のヤフーが運営する、メールサービスのシステムで発生したトラブルで、メールを送受信できなくなった利用者に送られたメールのうち、約258万通が消失していたことが分かった。
先月28日、ヤフーが運営する「ヤフーメール」のサービスのシステムに障害が発生した。
約260万人分のIDがおよそ10時間、メールを送受信できない状態になった。
ヤフーでは当初、このトラブルに伴うメールの消失はなかったと発表していたが、その後の調査によって、およそ97万人分のIDに送られたおよそ258万通のメールが消失していたことが分かったとのこと。
この事態を受け、ヤフーはメールが消えた可能性がある人がログインをすると、消失の有無が確認できるツールへのリンクが表示されるとしている。