雑誌「Olive」が1号限定で復活

マガジンハウスは3月12日、雑誌「Olive」を特別付録にした「GINZA」4月号を発売した。これは同社の創立70周年を記念したものだそうだ。
「Olive」は1982年に創刊され、2003年までの約20年にわたり主にティーンに向けたファッションやカルチャーを取り上げたファッション・ライフスタイル誌。主に1980年代、フランスの女子中高生「リセエンヌ」をおしゃれのお手本とし、彼女たちのファッションやライフスタイルを紹介するなど独自の世界観を確立した。当時「Olive」は同社を”オリーブ少女”と呼び、”オリーブ少女であること”は読者たちの誇りでもあったという。90年代中期からは”渋谷系”と呼ばれるミュージシャンが紙面に登場するなど、カルチャー色を強めていった。
今回の特別付録「おとなのオリーブ」では、当時の「Olive」で活躍していた近田まりこさん、大森伃佑子さん、岡尾美代子さん、「Olive」の読者でもあった飯田珠緒さんら4名のスタイリストを中心に「もし、2015年にOliveがあったなら」をテーマに制作。”おとなのオリーブ”を表現しているそうだ。「わたしのお人形」など人気連載コーナーも復活し、当時の読者のみならず「お母さんがオリーブ少女だった」という若い女性たちにも新鮮な「Olive」に仕上がっているそうだ。当時を懐かしみながら読むかつて「オリーブ少女」だった世代と、「Olive」を新鮮に感じる若い世代とで親子で一緒に楽しめそうだ。