商慣習

商慣習とは、商取引の過程において形成された慣習のことで、そのうち慣習法として発展したものを特に商慣習法とも呼ぶ。

このような商慣習は世界各地にあり、イングランドでは中世における商慣習が商事慣習法(Law Merchant)として法源の1つにもなった。

日本において商法典が導入される際に、日本の商慣習は前近代的で排除されるべきとする考え方とどこの社会にも商慣習の存在を無視した商法典体系は存在しないという考え方が対立した。

現在の日本では商法1条及び法の適用に関する通則法3条によって、商事については商法を優先として商法を破る商慣習法は存在し得ないとし、商法に該当するものが無ければ商慣習法に基づき、それでも明らかで無い事例については民法を適用することとなっている。これについて、成文法である民法が慣習法である商慣習法より下位に置かれるのはおかしいという見解や実際の商取引の慣行に基づいて成立した商慣習法こそが実情に沿ったものであり、商慣習法が商法を一概に破れないものとするのはおかしいとする見解も存在する。

エチオピアについて

政治体制は、連邦共和制。国家元首の大統領の権限は、形式的儀礼的なものに限られる。任期は6年で、下院により選出される。現大統領は駐日大使の経験もあるムラトゥ・テショメで、2013年10月7日に就任した。

行政府の長である首相は、下院議員の総選挙後に開かれる議会において、下院議員の中から選出される。内閣の閣僚は、首相が選任し、下院が承認する。現首相のハイレマリアム・デサレン(SEPDM)はメレス・ゼナウィ前首相の急逝を承け、2012年8月20日に就任した。任期は5年だが、議院内閣制のため、任期途中で失職する場合もある。

議会は、二院制。上院(連邦院)は108議席で、議員は各州議会によって選出される。下院(人民代表院)は 548 議席で、議員は小選挙区制選挙で選出される。議員の任期は、上下院とも5年。

クレーマー

ある牛丼チェーン店で、店長が客に正座を強要された上にビールをかけられた、という話を聞いた。

これはクレームを通り越して完全な営業妨害だ。

お金を払っているからと言って、許される事の範囲を知らない。

とんでも無い話だ。

こういうのが、本当に存在しているんだな。飲食店の店員・店長も大変だ。

 

トルネード

竜巻はどうやって起こるのだろうか。

突風の一種で、規模が小さく寿命が短い割に、猛烈な風を伴うのが特徴。地上で強い竜巻が発生すると、暴風によって森林や建物などに甚大な被害をもたらすことがあり、災害をもたらす典型的な気象現象の一つとされている。

竜巻の水平規模は平均で直径数十m、大規模なものでは直径数百mから1km以上に及ぶ。その中心部では猛烈な風が吹き、ときには鉄筋コンクリートや鉄骨の建物をも一瞬で崩壊させ、大型の自動車なども空中に巻き上げてしまうことがある。1ヶ所に停滞するものもあるが、多くは積乱雲と共に移動する。その移動速度は様々で、まれに時速100kmを超えることもある

フライングバットレス

フライング・バットレス(flying buttress)とは、ロマネスク時代には側廊屋根裏に隠されていたアーチを側廊屋根よりも高い位置に移して、空中にアーチを架けた飛梁をいう。もともとバットレスとは、建築物の外壁の補強のため、屋外に張り出す形で設置される柱状の部分のことをさす。

このフライング・バットレスにより、身廊ヴォールトのスラスト(推力)を高い位置で受け止めることにより、身廊の天井をそれまでの建築よりさらに高くすることができるようになった。また、推力を支持するための側廊により身廊上部が塞がれることがなくなったため、この部分に大きな窓をとることができるようになり、ステンドグラスなどの装飾を用いた壮大な礼拝空間が実現可能となった。

なお、強弱交互組織の柱、六分のリブ・ヴォールト、4層構成を基本としたゴシック建築を初期ゴシック建築と呼ぶ。

スカイマーク

いわゆる規制緩和による新規参入航空会社の第一号。

大手旅行代理店のエイチ・アイ・エス社長・澤田秀雄(当時)らの出資により1996年11月に設立された。1998年に羽田 – 福岡線で運航を開始。日本国内定期航空運送事業の新規参入は1963年の長崎航空以来35年ぶりであった。機内サービスを簡素化し普通運賃を他航空会社の普通運賃の半額程度に抑え、平均搭乗率80%以上を記録。しかし、既存大手航空会社はスカイマーク便前後の自社便の割引運賃をスカイマークと同一水準へ値下げするという対抗策をとった。

ルイス・ウォルター・アルヴァレズ

1968年、水素泡箱の利用による共鳴状態の発見など、素粒子物理学への貢献によりノーベル物理学賞を受賞した。

1943年から1944年にはマンハッタン計画に参加し、シカゴ大学とロスアラモス研究所で原子爆弾の爆縮レンズに使用する起爆電橋線型雷管を開発した。

1945年8月6日の広島市への原子爆弾投下の際には観測機B-29グレート・アーティストに搭乗し、人類初の実戦での核兵器使用を目撃している。また、続く8月9日の長崎市への原子爆弾投下の際にも、観測機B-29グレート・アーティストに搭乗している。長崎市上空で観測のために投下したラジオゾンデに、カリフォルニア大学の放射線研究所において同僚であり、当時の東京帝国大学教授嵯峨根遼吉に宛て、核兵器の威力についてよく理解する物理学者である嵯峨根が、日本国政府に降伏の働きかけをするように勧める手紙を同封していた。

黄巾の乱

184年(光和7年、干支年は甲子)、先に荊・揚州で兵を集めさせていた馬元義を洛陽に送り込み、中常侍の封諝、徐奉等を内応させ3月5日に内と外から蜂起するよう約束したが、張角の弟子の唐周が宦官達に密告した事で蜂起計画が発覚し、馬元義は車裂きにされた。事を重く見た霊帝は三公や司隸に命じ、宮中の衛兵や民衆を調べさせ千人余りを誅殺し、張角捕縛の命を下した。

2月、事がもれた張角は予定より早く諸方に命じ一斉に蜂起し、自らを天公将軍と称し、弟の張宝、張梁をそれぞれ地公、人公将軍とした。

3月、霊帝は何進を大将軍とし将兵を都亭に駐屯させ、八つの関に都尉を置き洛陽を守護させた。皇甫嵩や呂強等の進言によって党錮の禁を解き、官界から追放されていた清流知識人が黄巾賊に合流するのを防ぎ、且つこれを利用した。また宮中の倉の銭と西園の馬を出し人材を募り、盧植を張角がいる冀州方面へ、皇甫嵩と朱儁に豫州潁川方面へと、それぞれ黄巾の勢力が強い所へ派遣した。

ユリウス

数年にわたる2時点の間の日数や秒数を計算するのに便利で、天文学や年代学(Chronology)などで使われている。小数を付けることにより秒数(とその小数)を表示することができる。

ユリウス通日は天体観測に便利なように正午を起点にしている。つまり、天体観測は通常は夜間に行われるので、夜の0時(世界時)の時点で日付が変わる(ユリウス通日の整数部分が増加する。)のではなく、正午の時点で日付が変わるように決められたのである。この慣習は「天文時」の時刻系の伝統であり、プトレマイオスに始まるものである。天文時の時刻系は通常一般の時刻系と紛らわしいので、1925年1月1日からは天文学においても「天文時」を廃止し、正子(真夜中)を1日の始まりとする「常用時」に統一された。しかし、ユリウス日については、1925年以降も継続して正午を起点としている。